洗面台選びで失敗しないために知っておきたい注意点とは?


洗面ボウル

歯磨きや髪の毛を乾かすときに毎朝毎晩使用するのは洗面化粧台です。今のままでも悪くないが、「髪の毛を洗えたらなあ」「収納量が増えたらな」と思っていませんか。より良い洗面化粧台に交換を検討する前に、知っておくべき事前情報について以下でまとめます。洗面化粧台交換は、単純な作業だと思われていますが、交換作業の流れを事前に知っておかないと失敗・後悔することもありますので、ぜひご覧ください。

 

目次

1. 洗面台取り付け前に確認すべきこと

 1-1. 適切なサイズを選ぶ

 1-2. 給排水管の位置を確認

 1-3. 電源の有無と位置を確認

2. 洗面台はリフォーム会社に依頼しよう

 2-1. 依頼する場合の流れ

 2-2. 気になるポイントは事前に相談

3. まとめ

 

1. 洗面台取り付け前に確認すべきこと


洗面台はおしゃれなものを選べば良いですが、新しく交換する洗面台を選ぶ際は、事前に確認すべきポイントを知っておく必要があります。どのようなことを確認すべきなのかを具体的に見ていきましょう。



1-1. 適切なサイズを選ぶ


洗面台を設置するには、今お使いの洗面台のサイズの確認が必要です。今使っている洗面台が規格品の場合、同じ規格のものを選ぶことをオススメします。洗面台のサイズアップや収納オプションを加えたい場合は、洗面室のスペースを採寸し、問題なく収まるサイズの洗面台かどうかをチェックしなければなりません。造作の洗面台の場合は規格品の場合とは異なりますので、お近くの工務店やリフォーム会社にご相談ください。



1-2. 給排水管の位置を確認


洗面台の設置には給水管・給湯管・排水管(以下より給排水管と呼ぶ)の工事が必要になります。今お使いの洗面台の下に給排水管があります。既存の壁や床から出ている給排水管の位置を確認しましょう。給排水管の位置が大きくずれている場合、希望する場所に洗面台を設置できない可能性や余計な設備工事費用がかかるため、事前に給排水管の位置を確認し、希望する場所に問題なく設置できるかどうかをチェックすることが大切です。自分で確認するのが難しい場合は、お近くの工務店やリフォーム会社に依頼して確認してもらうのが良いでしょう。



1-3. 電源の有無と位置を確認


洗面台を交換する場合、既存の洗面台よりも大きな収納が欲しいなどの理由からより大きなサイズやタイプを選ぶケースも珍しくありません。忘れがちになるのが、スイッチやコンセントの位置の確認です。サイズの選定や給排水管の位置に問題がなくても大きいサイズの洗面台や収納オプションを選ぶことでこれまで使っていたスイッチやコンセントを隠してしまう可能性があります。スイッチやコンセントが隠れてしまう場合は、あらかじめ使用可能な位置に移設するか使用可能になるよう洗面台のサイズダウンしなければなりません。今お使いの洗面台の近くにスイッチやコンセントがあるか、新しい洗面台がそれらを隠してしまわないかを事前に確認しておきましょう。



 

2. 洗面台はリフォーム会社に依頼しよう


サイズや設置スペース、給排水管、電源の位置などの確認が終えたら、いよいよお気に入りの洗面台を選んで工務店やリフォーム会社に相談しましょう。リフォーム会社の営業マンがお客様が選んだ製品についてのメリット・デメリットなどをお伝えし、その後にその営業マンのオススメの商品を提案してくれるでしょう。そのほかに、「せっかく洗面台を交換するのであれば、床や壁紙の張り替えも一緒にやるのも良いですよ!」という提案もあるかもしれません。床と壁紙の張り替えは、洗面台が撤去されているときしかできないので、ご予算の範囲内であれば、それらをすることをオススメします!



2-1. 依頼する場合の流れ


お見積もり

工務店やリフォーム会社に依頼する場合、どんな流れで工事になるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。工事の流れを知っておくと購入からどれくらいで使えるようになるのか、どんな準備が必要なのか、などがわかります。スムーズに工事を済ませるためにも実際の工事までの流れを知っておきましょう。


まず行うのが見積もり依頼です。実際に現地調査してもらい戸建住宅か集合住宅かなど建物の躯体や形態、希望する洗面台の情報などを業者に伝えて見積もりをお願いしましょう。建物の図面があれば合わせて渡すことで、よりスムーズで精度の高いお見積もりを提出してもらえます。


貰ったお見積もり内容・金額でOKであれば、工事を依頼して施工開始です。工事当日は依頼者が在宅を求められるケースがほとんどです。工事にトラブルが起きた場合すぐに対応するためにも在宅しておく必要があります。施工日数は最短で半日で完了できる場合もあります。工事内容によっても施工日数が変わるため、あらかじめ工事日数は業者と打ち合わせしておきましょう。



2-2. 気になるポイントは事前に相談


洗面台交換は製品発注をかけてからは変更できません。失敗を避けるためにも製品情報や取り付け工事に関して気になるポイントがあれば、事前に依頼した業者に相談することが大切です。依頼した業者から製品カタログをもらったり希望する洗面台のイメージや予算、お住まいの建物の図面を渡すなど詳しい情報を伝えることでよりあなたにぴったりな洗面台を提案してもらえます。洗面台の交換を検討する場合は、豊富な種類の洗面台を扱っている業者へ問合せすることをオススメします。



 

3. まとめ


洗面台交換の事前チェックは多岐にわたります。給排水管など位置は見ても何が何だかわからないと思いますので、新しい洗面台への交換を検討されている方は、まずは工務店などのお家のプロに相談し、お見積もり依頼をすることから始めましょう。お客様にとって、一番理想の洗面台を見つけてください!


弊社では、経験豊富なスタッフが商品提案・現場調査・施工をいたします。各大手住宅設備メーカーの商品を豊富に取り扱っておりますので、商品の相談やお見積もりなどお気軽にお問い合わせください。お客様が納得していただけるまで、わかりやすくご説明します。